こどもの日のお祝い料理について

 あなたは、こどもの日に、どんなお料理が出るかわかりますか!?息子さんがいる家庭なら、もちろん、端午の節句をお祝いすると思います。ですから、お母さんのお料理にも気合が入ってくると思います。(笑顔)。

また、息子さんが喜んでくれる料理を頑張って作ろうとしているお母さんも多いことでしょう。しかし、あまり無理をしないでくださいね。(笑顔)子育てに忙しいと思います。ですから、出来るものは手作りで良いのですが、そうでないものは買ってきても良いと思いますよ。(笑顔)(笑顔)

この日には、縁起の良いと言われている食べ物が良いですね。(笑顔)例えば、タケノコがあります。タケノコはすくすく、真っ直ぐに伸びます。それにかけて、子供がすくすく育ちますようにと言うことです。それで、タケノコのお料理を食べるようになっています。簡単なもので、煮付けなどがありますよね。

ですから、水煮してあるパックのタケノコを使うと良いですね。また、最近では、アクがあらかじめ抜かれたタケノコもスーパーで売られています。ですから、それらを使っても良いと思います。と言う息子さんもいると思います。(汗)ですから、そんなお宅は、チンジャオロースにタケノコを使ってみるのも良いですね。(笑顔)

メスのズワイガニは別名セコガニです。

場所によっては、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。

美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。

一方、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、大方は、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。

タラバガニの場合、どんな個体を選べばよいでしょうか。

脚を味わうなら、まずオスにしてください。

メスの個体は栄養分を卵に消費することが多く、タラバガニならここ、とも言えるおいしい脚肉を食べたければオスおいしいことは明らかです。

これも通販では難しいですが、甲羅の中央部にある突起の数に注意してください。

6個並んでいれば、タラバガニに間違いなく、4つしかないのは、実はアブラガニなので、違う種類を買わないよう用心してください。

通販でかにを買うってどんな時でしょう。

もちろん食べたいからということだってあるでしょう。

他の海産物なら、自分の目で見て買った方がいいと思いますが、かにだけはお取り寄せすることに決めています。

その理由は、家族が食べたいだけのかにを購入するといったい何十キロになるのか、重さ制限がなくいくらでも買えるのはおとりよせでしかありえないですね。

買い物に行くのと違い、重さを気にせず買えるのは気持ちいいですね。

力持ちの業者さんが玄関、もしくは、希望すればしっかりと家の中まで重さも大きさも厭わずにしっかりと届けてくれます。

お店から家まで運ぶのに比べたら楽なものですね。

後は冷蔵庫に入れるだけです。

更なるメリットは、産地で獲れたての美味しいかにを直送という形ですぐに送れることで自室でくつろぎながら最高の状態で頂くという究極の贅沢がかにをお取り寄せする一番のメリットと言えます。

ズガニと呼ばれている蟹がいます。

この蟹の正式名称はモクズガニです。

ズガニというよりモクズガニの方が聞いたことがある人は少なくないでしょう。

モクズガニ漁は河川で行われ、鋏の毛が特色として挙げられます。

そして、甲羅が手のひらの大きさより一回り小さいほど小ぶりなのですが、そうである割には脚の方に着目すると、長いことが特色です。

特に味噌汁にしたり、炊き込みご飯にしたりして食べられています。

かに好きの私にとって四季を通じてかにが最高のご馳走ですが、特に冬場のご馳走のてっぺんに君臨するのがかにということに反対する人はいないに違いありません。

かにといえばここと誰もが知る名産地の漁港から、送ってもらうのがいいに決まってます。

いざ買う段になると、かにを選ぶ自信がなくなるもので、実物を手に取れない通販の場合、特に難しいですよね。

通販でかにを買うときの選び方の、注意点がこれだけあるということです。

初めに考慮に入れるべきは、当然のことながら産地です。

産地によっては同じ種類のかにでも呼び名が違ったりしますが、名産地であれば、獲れたてのおいしいものが手に入ることは確かです。

次に考慮するのが、美味しいかには直送に限る、ということです。

更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。

多くの方に好評のかにの食べ方として、おすすめは「焼きがに」ですね。

かにの醍醐味を十分楽しめますよ。

おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。

殻付きのかにをそのまま紙で包んで、冷蔵庫で自然解凍しましょう。

4時間以上冷蔵庫に入れておいてください。

半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、しっとりした、うま味の残るかにを食べられます。

焼くときは、水分が残るようにしてくださいね。

通販といっても様々な種類の蟹があります。

そんな中で、確実に失敗しない種類といえば、意外かもしれませんが、活きた蟹ではなく冷凍の蟹です。

ただし獲ってすぐに茹でたもの。

「えっ、活きた蟹のほうが新鮮で美味しいんじゃないの?」と思う方は多いでしょうが、活蟹は上手く調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、身をさばくのに技術が要り、ご自宅で食すのは難しいです。

蟹を茹でるの自体、なかなか難しく、手を出すのは難しい部分もありますので、その手間がかからない、ボイル済の冷凍蟹を選ぶほうがいいのです。

かにシーズンの日帰り食べ放題ツアー。

本当においしいかにが食べられるのでしょうか。

今までこのようなツアーに二の足を踏んでいたなら、ぜひ一度、かにの産地を訪ねるかに食べ放題ツアーへの参加をぜひ検討してください。

多くのツアーでは、産地ならではのおいしいかにを個人で食べに行くより交通費も含めお得に食べられるのです。

かに通販の中に、お得価格のポーションが多いのが不思議ですね。

ほぐしていないかにの身、と考えてください。

早い話が、むき身のかにです。

むき身の方が手軽に調理できるというのも強みですし、殻が割れたり、傷がついたりという訳あり品を加工することが多く、丸ごとの訳あり品よりも、さらに安いといううま味もあるのです。

産地直送の蟹が美味しい地域として、日本一の知名度を誇っているのは、やはり北海道でしょう。

北海道の漁場では、実に多くの種類の蟹が水揚げされます。

もちろん他の地域にも有名な蟹はたくさんありますが、総合評価でなら、やっぱり北海道の蟹が一番です。

でも、それはそれとして、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースも多くあります。

よく見て選びたいですね。

ネット通販が普及した現在では、クリック一つで、いつでも新鮮な蟹を手軽に取り寄せることができ、とても便利です。

しかし、蟹通販の業者は玉石混交であり、業者ごとに価格や送料、配達可能地域などの条件も違うので、業者選びを間違えると、損してしまうこともあります。

多くの通販サイトを眺めていくと、蟹が激安だったり、送料が無料だったりするお得な業者もあります。

しかし、お得すぎるのも禁物です。

あまりに安価な場合、レビューを参考にするなどして、蟹の新鮮さや業者の信頼性を入念に確かめておきたいものです。

賢く使えば大変便利な蟹通販。

しかし、もちろん欠点もあります。

それは、手元に届くまで商品を見ることができないという点に尽きるでしょう。

店頭販売なら、身が詰まっていることも確認でき、進んで試食をさせてくれるお店もけっこうありますよね。

蟹の茹で方、塩加減などでも味が変わってくるため、自分や家族にとって一番美味しいお店を探せばより美味しい蟹を楽しめます。

蟹通販は確かに手軽で安価ですが、一方ではこのような欠点もあるので、一概に実店舗より良いとは言えません。

毛蟹の選び方は比較的はっきりしています。

何点か挙げてみます。

毛蟹と言えば冬が旬。

ですから、寒い時期は、大きく身がぎっしり詰まった毛蟹を生で買うのに最適です。

次のポイントは、新鮮そうな色、大きさ、そして手にして重みがあるかです。

なるべく触ってみて、感触のよい、ずっしりと重いものにしてください。

手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。

購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のお店へ行けばはずれは少ないと考えられます。

高級とされるブランド蟹にもタラバ蟹や毛蟹など色々な種類があるため、蟹を食べなれていない方は、ぜひ色々な蟹を食べ比べてみることをお勧めします。

中でも最も美味しいと言われているのは、山陰や福井県が名産地として知られる、ズワイ蟹です。

ズワイ蟹は強い甘み、それに繊細な風味を備えており、蟹味噌も濃厚でおいしいです。

最も蟹らしい蟹といえるでしょう。

甲羅は全体的に小ぶりで、表面がツルっとしているのが印象的であり、慣れればすぐに見分けられます。

美味しい蟹が獲れる地域は限られています。

でも、今では、便利な蟹通販があるので、誰でも産地直送の新鮮な蟹を味わうことが可能です。

ひとえに蟹と言っても色々ありますが、私が最もオススメするのはズワイ蟹です。

ズワイ蟹の魅力は、なんといっても蟹の身そのものの旨味を味わえること。

甘みをふんだんに含んだ、最も蟹らしい蟹といえます。

どこでいつ水揚げされたかによって味わいが別物ですから、失敗が怖い方は、無難にブランド蟹にしましょう。

関連ページ